翻訳依頼【目的】

翻訳依頼の目的

まず、翻訳を依頼する目的(内容)を考えてみましょう。

 

翻訳は、大きく分けると、一般翻訳と専門的翻訳という分類に分けることができ、それによって得意とする業者も違ってきます。

 

ビジネス文章の翻訳などで、専門用語が出てくるような翻訳の場合は、ある程度翻訳者にその分野での翻訳経験が求められます。そのような経験のある翻訳者がいるかどうか、その分野の実績があるのかということを考慮しておくことが大切です。

 

業者によっては、直近の翻訳案件を分野別に載せているところもありますので、そこに依頼したい分野の案件があるのかでチェックすることもできます。また翻訳者のプロフィールを載せている業者であれば、それを参考にすることもできます。

 

どの程度から専門分野として扱われるのかは、厳密な基準はないため、まず見積りで問い合わせてみるとよいでしょう。

 

 

一般的に専門的翻訳として扱われる内容には次のようなものがあります。

 

法律・契約書
特許・知財
医学・薬学
IT・情報通信
工業・製造業・機械・自動車・航空・船舶
バイオテクノロジー・食品
化学
建設・土木
論文・学術・研究開発

 

このような分野で、専門用語が頻出するような文章の場合は、専門的な翻訳という前提で、翻訳業者選び、料金等を考えておきましょう。

関連ページ

スピード
料金
品質