翻訳依頼【スピード】

スピード

ネット経由で受け付けをしている業者は、一般的な翻訳業者に比べても納品までのスピードを売りにしているところが多いのが特徴です。

 

依頼手続きが、ネット上の確立したシステムで行われ、多くの案件をスピーディーにさばくことができるので、簡単なものであれば1時間もかからず納品されることもあります。また、多くの翻訳者が日本だけでなく、世界中にいるため、時差を利用したスピーディな翻訳も可能になっています。

 

ネット系の翻訳業者がスピード面で優れているのは、

 

・依頼手続きのステップが確立されている
・翻訳者が日本だけでなく世界中にいる
・時差を利用した翻訳作業ができる
・ネット経由でマッチング作業を行うので、翻訳者とのコンタクトが早い

 

このような理由から、ネットに重点を置いている翻訳業者はスピードを特徴として挙げています。

 

逆に、翻訳者と直接会って打ち合わせることや、電話で依頼について直接話すことができないのは、デメリットといえるかもしれません。

 

 

スピードについては、余程急ぎで翻訳をしなければいけない場合でなければ、スピードを要求するあまり、よい翻訳者が見つからないということもあり得ますから、できるだけ余裕を持った納期で依頼するようにした方が、結果的に品質の高さにつながります。

 

スピードについての業者比較

スピード翻訳

24時間、365日の対応で、最短30分から5日間まで、納期を選ぶことができる。

アイディービジネス 依頼する英文を入稿後、数分から最長6時間で世界中に点在する講師を見つけ、作業開始から最短3時間以内で校正結果が手元に届きます。世界中に校正者のネットワークがあり、時差を利用していることが早さの秘訣になっています。
YAQS(ヤックス)

品質重視の観点から、厳密な納期の設定は行っていないが、翻訳確定時に翻訳完了予定時間は確認できるようになっていて、納期保証はしていないが、95%は予定時間内に納品されている。

関連ページ

目的
料金
品質