翻訳者探し(業者側)

翻訳者探し(業者側)

翻訳依頼する原稿を送った後は、業者側で翻訳をしてくれる翻訳者を探す、マッチング作業が行われます。

 

 

一般的には、その業者に登録している翻訳者や提携している翻訳者に、翻訳依頼内容が一斉に送信されます。どの程度まで内容が伝えられるのかは業者によって差がありますが、その内容、納期等について対応できる翻訳者が、その案件について申し込むシステムになっています。

 

不特定の翻訳者に、あまり内容を開示したくないという場合は、特定の単語などは開示しないようにするように指定できる業者もあります。翻訳内容の守秘義務については、翻訳者と業者側で契約締結していますが、特に守秘義務について心配になる翻訳依頼の場合は、事前に確認しておきましょう。

 

 

このマッチイング工程が、翻訳業者の特徴を打ち出せるところであり、他社と差別化できるところにもなります。マッチイング工程でどこに重点をおき、どんなことを売りにしているかをみるとその業者の特徴が見えてきます。

 

 

翻訳業者がマッチング工程で訴えているポイントには、次のようなものがあります。

 

・世界中に提携している翻訳者がいる
・専門分野に精通した翻訳者がいる
・登録している翻訳者が多い
・翻訳者を指定できる
・翻訳者のプロフィールを載せている